日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

日常・健康のメモ

剛力大介です。

先日、日本一早いお花見といわれている「FLOWERS by NAKED 2017 ー立春ー(外部リンク)」に行ってきました。

会場に一歩足を踏みれると、そこはまるで異世界にでもきたかのような幻想的な空間が広がっていました。そんな「FLOWERS by NAKED(フラワーズバイネイキッド)」の素晴らしさを1人でも多くの人に共有したいと思ったので、写真多めでイベントレポートをしたいと思います。笑

まず気になる混雑状況ですが、混雑を避けるために平日の月曜日に行きました。時間は13時頃。そのため比較的空いていて入場規制もなく、写真をバンバン撮る分にも混雑はしていなかったので快適に過ごせました。

友人が土日に行って「人が多すぎてカオスで写真も撮る余裕がなかった」だったと言っていたので、混雑を避けたいなら可能ならば土日は避けたほうがいいと思います。

ということで早速、「FLOWERS by NAKED(フラワーズバイネイキッド)」の世界へ突入していきましょう!

会場に入ると、いきなりドカーンッ!!!!!

インパクト大の超大型の本のプロジェクションマッピングがお出迎えです。

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

「うぁー、なんて綺麗なんだぁ〜・・・」

とため息をついている間にも、どんどん景色が変わってきます。本のページは変わり、そこから美しい花が生えてきたり、周りに咲く花のオブジェも彩り豊かな色彩を見せてくれます。

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

もうね、ここだけで軽く10分くらいいましたね。

やっぱ綺麗なものを見ると、唖然とせずにいられません。早速、口をポカーンと開けて、ただひたすら鑑賞しつつ感傷に浸っていました。(山田くん、座布団1枚あげてっ)

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

メインの展示作品とはなっていない周りの小さな花もすごく作るが凝っています。なので、一歩進むごとに「おお!これも綺麗だっ!」となるので、なかなか前へは進ませてくれません。(笑)

牛歩で少しずつ進んでいくと、「立春」のテーマからは想像がつかない青いオブジェが。

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

この作品は「FROZEN FLOWERS」といって、春に向けて花々が美しく咲きほこる前。暗くて寒い冬に、力強くそして美しく生きる花達を表現したオブジェとのこと。

オブジェに投影される光の輝きが、現実では見ることのできない、冬の花の生命力に宿る美しさを感じさせてくれます。

 

次に見えるのは、日本いけばなの3大流派の1つである「いけばな草月流」とネイキッドのコラボレーション作品である「立春」です。

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

春の風を表現した流動的なオブジェが130本の竹を使って表現されています。

この「立春」に見とれていると・・・・突然、目の前にものすごいスピードで近寄って来る人影がっ!!!

「ん?なんだなんだ!!」

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

「ああ、あまりの作品の美しさにテンション上がっちゃって踊り出しちゃったパターンか。わかるわかる。」

「・・・・・いや、それとも新手のYoutuberかっ!!?」

そんな疑惑の目を向け出した矢先、その疑問が全て吹き飛ぶ出来事が起こりました。

それがこちらです。

 

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

「なんという太陽との一体感・・・・・こ、これは只者じゃない。この人プライベートじゃない・・・・プ、プロだっ!!」

 

そう彼女は、プライベートで踊っているわけでもなく、ましてや会場にまぎれし妖精でもなく、「FLOWERS by NAKED(フラワーズバイネイキッド)」のアート作品の一部だったのです。

彼女の美しい舞と美しいプロジェクションマッピングの融合がさらなる幻想的な世界を引き立ててくれます。

 

そして、とうとうメインフロアとなる桜が舞い散るお花見エリアに突入!

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

壁に広がる桜吹雪のプロジェクションと本物の桜の融合。

さらに圧巻は、イベントのメインであるアート作品「桜彩」。

見よ、大迫力の美しさを。

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

 

いやー、これはすごいっ!!!

本当にただただ美しかったです。

息をのむ美しさとはこのことだと言わんばかり豪華絢爛。

写真でこの迫力なので、本物はもっと大迫力でもっと美しいと感じると思います。

 

ちなみにこの乱れ桜、遠くから見ると一見「本物?」と思いますが、よーく見ると実は切り絵でできています。

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

すごく繊細に切り取られた無数の切り絵たちが、この美しい桜を生み出しているんですね。

 

そんな桜の輝きを満月がさらに引き立ててくれます。

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

このエリアではお酒も飲むことができ、オリジナルの桜のカクテルなど、ここでしか飲めないものも販売しています。

お花見なので、僕もちゃっかりいただきました。かなり美味かったですよ!(完全にカクテルの写真は撮り忘れましたが 笑)

 

そんなこんなでカクテルを飲みながら桜に見とれていると、いつのまにやら「桜彩」の真下に先ほどのダンサーの方が。

ダンサーの方が桜の下に来ると、プロジェクションマッピング動き出しました。プロジェクションマッピングの桜吹雪に合わせて、しなやかで美しい舞いを見せてくれる姿は必見です。

美しい桜と美しいダンサーのコラボレーションをパシャり。

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

桜の下だと、ダンスもより美しく見えました。

お花見を終えて会場を去ろうとすると、出口の直前には、会場全体を見渡せる2階席への案内があります。

2階からだと、下からは決して見ることのできない「FLOWERS by NAKED 2017 ー立春ー」の景色が見れるので登っておくことを個人的にはお勧めします。

例えば、中央奥に見えるピンクの筒状の作品は「DANDELIONS CLOCKS」。

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

これは下にある「たんぽぽ」のオブジェに息を吹きかけると、たんぽぽの綿毛が空へ飛び立っていくかのように、円柱全体が輝きながら、美しい綿毛のプロジェクションマッピングが縦横無尽に舞い上がります。

そのあまりの美しさに思わず口をポカーンと開けて上を見上げる人が続出していました。もちろん僕もその1人です。(笑)

そんな巨大な作品である「DANDELIONS CLOCKS」は2階から見ると、下からは見ることのできない全体の輝きを見ることができてしまいます。

2階の奥に進めば、入り口で見かけた本のプロジェクションマッピング「BIG BOOK,BIG FLOWERS」も最後にまた見ることができますよー。

日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」は世界一幻想的なお花見でした。

ということで、大満足の「FLOWERS by NAKED(フラワーズバイネイキッド)」でした。

帰りは、「稲庭うどんとめし金子半之助(外部リンク)」で天丼とうどんをいただきました。

美味かった〜。

僕のレポートは以上ですが、今回、紹介しきれなかった作品が他にもたくさんあります。例えば、足を乗せたら花が生えてくるプロジェクションマッピングとか・・・・なので、ぜひぜひお時間ある人は行ってみてください。

特に「桜彩」は生で見ると圧巻の迫力ですよー。

イベント公式イメージソングの大塚愛の「サクラハラハラ」のPVを見ると、その迫力が少しわかりますが、

やっぱり生が一番です。

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

P.S

この記事を読んで、もし少しでも「面白いかも!」と心によぎったら、さりげなく「いいね」や「シェア」をしてもらえると嬉しいです。

Pocket

全207ページに渡ってブログビジネスの手法を解説した電子書籍を無料プレゼント

あなたのメモをブログを通してお金に変える具体的な手法を解説しています。ブログで収益を上げて会社に縛られない自由なライフスタイルを手に入れましょう!

無料でダウンロードする
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

剛力大介のTwitter

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.