会社の飲み会に行きたくない!人間関係が悪化しない絶妙の断り方とは?

日常・健康のメモ

こんにちはー、剛力大介です。

突然ですが、会社の飲み会って行きたくないですよね?!

僕は会社員時代、会社の飲み会というものが大嫌いでした!!!わら

もちろん同期同士の飲み会なら気を遣わなくていいんですけど、上司も混ざった課の全体の飲み会とかはもう最悪ですよ、あんなもんはっ!!!!

だって、行っても上司に気を使って疲れるだけです。クソつまらないありがたいお話を延々と聞かされ、時に説教をされます。

さらに飲まなければ「飲んでるか?」と聞かれ、まったく飲みたくないお酒を飲まなければいけない空気になり、酔いながらも上司に気を遣わなければならないという地獄の時間。

会社の飲み会に行きたくない!人間関係が悪化しない絶妙の断り方とは?

・・・もう考えただけでイライラしてきますよねっ!!!(笑)

しかも、行ったとしても自腹の場合が多いし・・・誰が汗水垂らして稼いだお金を上司との接待飲みに使いたいって言うんだって話ですよ!!!

しかもシフト制の会社の場合もっと最悪で、休日に会社の飲み会があることがある。つまり、一切給与が発生しないのに、大切な休みの日に会社の近くに行って、上司たちとの楽しすぎる飲み会に参加せねばならないわけです。(ええ、楽しいなんてもちろん皮肉ですよ)

そんな時は僕は「ふざけんな、クソが!クソが!クソが!クソが!クソが!!!!!!!」と家の中で絶叫していわけです。当時の僕の状態を再現するなら、これくらいですね↓

(この動画どこかで見たことあるな?と思った人はきっとこの記事かもしれません。わら)

そんな絶望的な状況を打開すべく、僕が会社員時代に考えに考え抜いた「究極の会社飲み会の断り方」をお伝えします。

この断り方は、誘ってきた相手との人間関係を一切壊すことなくなおかつ気分を害すことなく、自然に会社の行きたくない飲み会を断る方法です。そして特に「出勤の日の夜にある断りにくい会社の飲み会を断る」のに非常に有効です。

あなたはこれから話す断り方さえ丸パクリすれば、今後、会社飲み会のストレスに晒される機会は激減するでしょう。

では、あなたの次回の会社の飲み会の予定が立ってしまう前に、早速その手順をお伝えしていこうと思います!

行きたくない会社飲み会の断り方3ステップ

解説する前に1点だけ注意ですが、僕が会社員時代に考案した「行きたくない会社飲み会の断り方」を実行すると、相手に対して嘘をつくことになります。

僕は嘘が嫌いです。ただ、そうはいっても会社の飲み会で自分の精神と時間を削られるのはどうしても嫌だったので、この時ばかりは嘘をつきました。

でもその結果、浮いた時間を起業の準備や勉強に当てることができましたし、会社の飲み会に行かない分、会社でもストレスなく働くことができましたので、より会社に貢献できたと考えています。

そうはいっても、もし嘘をつくのはどうしても心が痛むという人は、自分の身を犠牲にして今後も会社の飲み会にご参加下さいorz

ただし同じ嘘をつくにしても、今回の断り方は「その日は予定が・・・」とか「体調が悪くて・・・」などといったミエミエの嘘で相手を不快にさせる嘘ではありません。

リアリティーを持った嘘ですので、相手に変に勘ぐられることはまずないと思いますし、何より相手を不快にさせません。ですので、

「会社の飲み会は断りたいけど、人間関係を壊したくない!」

会社の飲み会に行きたくない!人間関係が悪化しない絶妙の断り方とは?

というワガママな願望を両方叶える断り方です。けど、そのためにはあなたの良心をちょっとだけ犠牲にしてもらいます。それでもいいという方だけ、このまま読み進めていただければと思います。

長期的に考えれば、あなたが会社の飲み会に行かないことであなたのストレスが軽減されれば、あなたはより元気良く働けるわけで、それは会社にとっていいことですしね!

ということで、行きたくない会社の飲み会を自然かつ確実に断るためには次の3ステップを踏みます。

ステップ1:グループ系の習い事に通っている布石を打つ
ステップ2:誘われたら「2つの理由」を使い分けて断る
ステップ3:誘ってもらったお礼を全力で言う

では、具体的に各ステップでどのようにしていけばいいのかを解説させていただきます!

ステップ1:グループ系の習い事に通っている布石を打つ

まずは会社飲み会のを断るためにあらかじめ布石を打ちます。

それは何気ない普段の会話の中で、会社飲み会を断ることで目をつけられそうな上司に対してあることを刷り込んでおくんです。

何を刷り込むのかというと、それは「グループ系の習い事に通っている」ということです。(※理由はステップ2で説明します)

このグループ系というのは、具体的に何がいいのか?

1つポイント挙げるならば「団体競技で大会があるもの」です。

例えばあなたが何かスポーツの経験があるならば、「フットサル」や「バスケット」などでもいいと思います。スポーツの経験がなくて文化系ならば、「合唱」でもいいし「競技かるた」でもいいです。

とにかく「団体で行う競技」を選ぶようにしてください。(もちろん実際にあなたが何かしらの「団体競技の習い事」に行っているならばそれをそのまま上司に刷り込めばOKです。)

なお自分で競技を選ぶ場合に注意したいのが、「用具なしでその場で披露できるものにはしないこと」です。

例えばもしも「ダンス」を選んだとしたら、披露するために何も物はいりません。ですので、どこかのタイミングで上司に、

「お前ダンス習ってるんだろ?じゃあ、なんでもいいからやってみろよ!」

と言われかねません(笑)そんな緊急事態の陥ることは絶対に避けねばなりませんので、用具なしその場で披露できる競技はやめた方がベターです!

ステップ2:誘われたら「2つの理由」を使い分けて断る

布石を打ったところで、実際に行きたくない会社の飲み会にあなたが誘われたとします。その場合、以下からお伝えする2つの理由を使い分けて、断りを入れていきましょう。

1つ目の理由:「習い事の大会がある」
2つ目の理由:「結婚式がある」

まず1つ目は「先ほどの布石(習い事に通っている)を利用した断り方」です。例えば、あなたがフットサルに通っていると布石を打ったとして、来週の金曜日(出勤日の夜)に会社の飲み会に誘われたとしましょう。

その場合は、次のように断りを入れてください。

「ああ!その日ですか!!!行きたいんですが、通っているフットサルチームがその週末に大会なんです。それで金曜の夜と土曜に直前練習がありまして・・・私が休んで他のチームメイトに迷惑かけられないので、どうしても行くことができません・・・すみません!」

このように伝えることによって、あなただけの都合ではなく、あなた以外の第3者(フットサル仲間)の都合がある旨も伝わります。ですので、より信憑性が高まりますしリアリティーがあります。

先ほど「団体競技で大会が習い事を選んでください」と言ったのは、このような理由のためです。

もしこれがテニスや絵画教室などの「個人でできてしまう習い事」だと、誘った相手に「そんなの1回くらい休んでいいでしょ!」と思われてしまいます。

しかし、それが「団体競技で大会が習い事」だとそのように思われません。(ニヤリ)

「だったら、仕方ないか・・・!」

と思ってもらえる確率が、「個人でできてしまう習い事」よりも圧倒的に高いのです。団体競技のため第3者に迷惑をかけることになるから行けない、という理由はかなり真っ当に聞こえますからね(笑)

次に2つ目の断り方です、それは「友人か親戚の結婚式」です。

これはあなたも、休みの日に会社の飲み会がある場合に使ったことがあるかもしれません。でも応用すれば、花金などの会社の出勤日の飲み会を断る場合にも使えます(笑)

会社の飲み会が出勤日の花金開催の場合に誘われたら、こう言いましょう。

「ああ!その日ですか!!!行きたいんですが、その週末に親しい友人or親戚の結婚式なんです。結婚式自体は週末なんですけど、すごく仲がいい友達なので仲間内でサプライズするために、金曜の夜に集まって準備することになりまして・・・友人にとって一生に一回のことなので、申し訳ないのですが今回はそちらを優先させてください。すみません!」

このように伝えれば、花金の会社の飲み会も結婚式を利用して断ることができます。

もちろんこれは頻繁に使える断り方ではありません。おそらく年に1回使えるくらいでしょう。ですので、どうしても行きたくない会社の飲み会があった時、最終兵器として使っていただければと思います。

ステップ3:誘ってもらったお礼を全力で言う

忘れてはならないのが、誘っていただいた方へのお礼です。いくら正当な理由があろうとも、ただ断るだけは絶対にやめましょう!

経験のあるあなたならご存知だとは思いますが、飲み会の幹事というのはなかなか手間のかかるものです。

何人もの人に声をかけて出欠席を確認して飲み会の場所も探して予約して、さらに人数変更があったらまた店に電話して・・・と地味に大変です。

ですので、いくら行きたくない会社の飲み会の誘いだとしても、手間をかけて開催してくれた幹事の方への感謝はしっかり伝えるようにしましょう!

ここはあえて感謝の言葉の具体的なフレーズは言わないでおきます。へたにフレーズを書いて棒読みで相手に伝えれば、明らかに心がこもっていないように聞こえますからね(笑)

とにかく手間をかけて会社の飲み会を開催してくれたことへの感謝の気持ちだけはしっかり相手の方へ伝えることがポイントです!

では最後にもう一度まとめると、

【行きたくない会社飲み会の断り方3ステップ】
ステップ1:グループ系の習い事に通っている布石を打つ
ステップ2:誘われたら「2つの理由」を使い分けて断る
ステップ3:誘ってもらったお礼を全力で言う

となります。もしあなたが会社の飲み会の誘いを断れずお悩みでしたら、よろしければ参考にしてみてください(笑)最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。

<※会社に嫌気がさしたら辞表を叩きつけるためにブログで副業でも始めませんか?>

P.S

この記事を読んで、もし少しでも「面白いかも!」と心によぎったら、さりげなく「いいね」や「シェア」をしてもらえると嬉しいです。

Pocket

全207ページに渡ってブログビジネスの手法を解説した電子書籍を無料プレゼント

あなたのメモをブログを通してお金に変える具体的な手法を解説しています。ブログで収益を上げて会社に縛られない自由なライフスタイルを手に入れましょう!

無料でダウンロードする
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

剛力大介のTwitter

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.