3分で習得できる読まれるブログ記事の書き方とは?

ブログ収益化のメモ, 読まれるブログ記事の書き方

こんにちはー、剛力大介です。

この記事を読むことによって、あなたはブログ初心者でも今日からすぐに再現できる「読まれるブログ記事の書き方」をマスターすることができます。

その結果、あなたのブログ記事はたくさんの人に読まれるようになるので、自然にブログ全体のアクセスアップに繋がるでしょう。

では早速いきましょう!

まずはこちらをご覧ください。(途中で見る気が無くなったらストップしてください)

 

さぁ、あなたはどこまでこの動画を見ましたか?

あなたがOLの女性の方ならば、おそらく思わずほぼ全部見てしまったでしょう。

あなたが男性であっても、ほぼ全部見てしまった人かなりいると思います。(代わりに自分が傷ついた女の子を抱きしめてあげるのにーっ!と思いましたよね?笑)

では、なんで最後まで見てしまったのでしょうか?偶然でしょうか?

いえ、実は違います。

実はこのCMには最後まで読まれるためのブログ記事を書くための最高のヒントが書かれています。

人間は本能的にストーリーに惹きつけられる

では、最後まで読まれるためのブログ記事を書くための最高のヒントとはいったい何か?

それは「ストーリー(物語)」です。

人はストーリーが好きです。

この世の中のエンターテイメントは「ストーリー」であふれています。ドラマ、映画、小説はまさに「ストーリー」です。しかsも、登場人物が違うだけで同じようなストーリーのドラマや映画が多いにもかからず、いつの時代にも、ドラマや映画や小説は大人気です。

さらに身近なところで言えば、人のウワサ話も「ストーリー」です。(特に女性はウワサ話が大好物ですよね 笑)

このように人は本能的にストーリーに惹かれてしまうのです。だから「ストーリー」を話されてしまうと、ついつい続きが気になってしまうのです。

3分で習得できる読まれるブログ記事の書き方とは?

思い出してみてください。先ほど見ていただいたCMも最初のシーンを見た時、きっとあなたはこう思ったと思います。

「なんでこの子、女の人に怒られているんだろう?」

そう思ってしまったが最後、つい無意識のうちに続きが気になり、そのまま続きを見てしまったということなのです。

このようにストーリーというものは、人に話を聞かせるための最強の手法なのです。

ですので、あなたがブログ記事を書く時に、記事をストーリーを意識して書きさえすれば、一瞬で読まれるブログ記事を書くことができるようになります。

でも、きっとここであなたはこう思ったでしょう。

「ストーリーにすれば、読まれる記事を書くことができるんだ!じゃあ、今から早速やってみよう!でも、どうすればストーリーを意識したブログ記事を書けるのだろう?」

その疑問に今からお答えしていきます。

初心者でも即実践できる読まれるブログ記事の書き方

読まれるブログ記事を書くためには、「ストーリー」を意識するのが最も効果的です。でも、ストーリーを書けと言われても、小説家でもない限りなかなかイメージが湧かないでしょう。

特になにかノウハウや手順の解説を記事として書くときには、どうしても説明口調になってしまいがちです。

では、どうすれば初心者でもストーリーを意識した記事を書くことができるようになるのか?

そのための一番簡単な方法は「体験記」です。

どういうことかといえば、例えば、仮にあなたが京都の旅行に行ったとしましょう。そして旅行から戻ってきて、京都旅行記をこんな風にブログ記事に書いたらどうでしょうか?

「1日目は京都の祇園に行きました。裏路地を歩いていると偶然にも本物の舞妓さんに遭遇。すごい感動しちゃいました!でも、舞妓さんの正体ってあんな風だったなんて・・・正直言ってかなり衝撃でした!というもの・・・」

3分で習得できる読まれるブログ記事の書き方とは?

これを読んでいただけたら、きっと何か気づいたことがあると思います。

そうです、お察しの通り、これはすでに「ストーリー」なのです。ただの旅行記であっても、立派なあなたのストーリーなのです。つまり、

「体験記の記事を書く=人に読まれるストーリー調のブログ記事」

と自然になってしまうのです。しかも、体験記というのはあなただけの唯一無二のオリジナルストーリー、世界中のどこを探してもないオンリーワンのストーリーです。

だから、他のどこにもそのストーリーは書いていないし、そのストーリーが聞きたいのならば、あなたの書いた文章を読むしかないのです。そうなれば、読む側おなおさら読みたくなってしまいますよね。

このように何事も「体験記」として書けば、誰でも簡単に「人に読まれるブログ記事」が書けてしまうのです。

自分の体験したことを書いていくのだから、難しいことではないですよね?極端に言えば、日記を書くようなものですから。

ここで語弊を防ぐために念のために補足を1点だけ。

体験記を書くためには必ずしも旅行に行く必要はありません。先ほどの京都旅行の件はあくまでも例です。「体験」というのは、旅行でなくてももっとあなたの身近にあります。

「昨日行った居酒屋さんに行った話」も、「今朝、寝坊して遅刻しそうになった話」も、「ブログの解説の仕方がわからなくてグーグルで検索して10時間かけてやった解説した話」も、全部が体験記であり、ストーリーです。

ですので、何か特別な体験を新たにしなければ体験記は書けないということではなく、体験記はすでにあなたの中にあるもので十分です。

これがおもしろいもので、自分にとっては大したことがなかった体験でも、人から見たら「なにこの人っ!おもしろいっ!」と思ってもらえるような体験というのはたくさんあります。

反響を得られるかどうかはブログ記事を書いて実際に公開してみないとわかりませんが、おそらくあなたの体験の中にもたくさんの「読まれるブログ記事」になりうる最高の体験とストーリーが、きっとあるはずです。

ですので、ぜひ試行錯誤して色々書いてみていただけたらと思います。

ということで、これからもしあなたが読まれるブログ記事を書いていきたいのであれば、よかったらブログ記事に「ストーリー」を取り入れてみてください。

そしてすでに作成済みのブログ記事で、もしあなたが読者にどうしても読ませたい記事があるとすれば、それを体験記風に書きなおしてみると、より読まれるブログ記事に生まれ変わるかもしません。最後まで記事をお読み頂きありがとうございました。

P.S

この記事を読んで、もし少しでも「面白いじゃんか!」と心によぎったら、さりげなく「いいね」とか「シェア」をしてもらえると嬉しいです。

Pocket

全207ページに渡ってブログビジネスの手法を解説した電子書籍を無料プレゼント

あなたのメモをブログを通してお金に変える具体的な手法を解説しています。ブログで収益を上げて会社に縛られない自由なライフスタイルを手に入れましょう!

無料でダウンロードする
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

剛力大介のTwitter

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.