TABETE(フードシェアリングサービス)を使ってみた結果…

日常・健康のメモ

ビジネスクリエイターの剛力大介です。

近年、新サービスや新アプリがもの凄い勢いで増えてきています。

中でも、「人と何かを共有する」、いわゆるシェアリングサービスの勢いがすごいですよね。例えば、

・メルカリ(MERCARI)
・エアビーアンドビー(Airbnb)
・エアークローゼット(AIR CLOSET)
・ウーバー(Uber)

など他にも色々ありますが、おそらくきっとあなたも何かしら1つは聞いたことがあると思います。

そんな中で昨日の4月19日(木)に、注目の新しい日本初のシェアリングサービス「TABETE」が事前登録ユーザー限定公開で先行リリースされました。

各種メディアでも連日特集されており気になっていたので、早速この「TABETE」を使って、実際にサービスを体験をしてきたので、感想を書いていきたいと思います。

ではでは、具体的な口コミ感想を話す前に、まずはシェアリングサービス「TABETE」とはなんなのか?について、簡単にご案内していきます!

フードシェアリングサービス「TABETE」とは?

すごく簡単に言うと、捨てられてしまう食べ物を「皆でお得に食べよう」というサービスです。

公式サイトには、下記のような記載があります。

TABETEとは?

「フードロス」削減のためのWebプラットフォーム

閉店間際など、まだおいしく食べられるのに廃棄の危機に面している食事を「食べ手」とつなぎ、最後まで売り切ることを応援する、社会派のWebプラットフォームです。

すべての食事には、つくった人の気持ちが込められている。

そんな「食べて」の想いを最後まで「食べ手」まで届けるのが、 TABETE の役割です。

(引用元:TABETE公式サイト

いわゆる「フードシェアリング」と呼ばれるこのしくみは、欧州などでは広く浸透していますが、国内での実際の試みは初となるそうです。

ここまでの話を聞くと、もしかしたらあなたは、「残り物をもらうなんて、なんか乞食みたい!」と思ったかもしれません。

でも、その結論、ちょっと待った。

あなたは世界で作られている食べ物がどれくらい廃棄されているかをご存知ですか?

実は、世界で作られている食べ物のうち、なんと3分の1もの食料が、誰に食べられることもなく廃棄処分されてるのです。


3分の1ですよ?すごいですよね、この数字。

多くの人は「朝食・昼食・夕食」と1日3食とるわけですが、この内の1食が毎日世界のどこかで廃棄されている、そんなイメージです。

さらに、廃棄される食べ物は必ずしも腐って食べられなくなったから処分するのではありません。まだ食べられるのにも関わらず「廃棄」されているのです。ひどい話ですよね。

そして日本では「年間約1700万トン」の食品廃棄物が出ており、その内まだ食べられる食べ物が「年間約621万トン」も廃棄されています。この量は日清のカップヌードル(77グラム)に換算すると、約8万2千個にもなるという、これまたとんでもない量です。

世界の食糧援助量が320万トンと言われていますので、その約2倍もの「まだ食べられる食べ物」が日本では廃棄されているのです。

なお、京都市が行った家庭からの「生ゴミの内訳」を調査したデータでは次のような数値が出ています。

食べ残しは全体の38%を占め、さらにその半分以上が手付かずの食品となっています。

手付かず食品の中身は、現代の食生活を反映して、パン類、菓子類、調味料等が多く、肉類や魚介 類(加工食品を含む)等も多く見られます。

また、手つかずで廃棄された食品のうち賞味期限表示のあるものを細かくみると、賞味期限前のものが約1/4、賞味期限後1週間以内のものが約2割と、これらだけで手つかず食品の約半分を占めています。

(引用元:京都生ごみスッキリ情報館

日常生活しかり、飲み会に行ったらついつい調子にのって料理を過剰に注文して残してしまうことありませんか?

このように日本では日常的に、当たり前のように食べられる食料が大量に廃棄されているのです。

そして今回のフードシェアリングサービス「TABETE」はこの食糧廃棄問題に一石を投じる革新的なサービスです。

提供する飲食店は廃棄を削減できるし、私たち客は美味しい食事を安価に購入でき、手軽に社会貢献もできて、その結果フードロス削減にも繋がる。

全員がハッピーになれるサービス、それがフードシェアリングサービス「TABETE」です。

とまぁ熱くなってしまいましたが、僕が語るよりも本家のTABETEさんが説明してくれているシェア用の資料の方が100倍わかりやすいし、200倍説得力があるので、下記も合わせてご覧になってみてください。

…以上を踏まえて、あなたに質問です。

「フードシェアリングサービスを使うのは乞食ですか?」

もしここで、YESと答えるならば、あなたはかなりのひねくれ者ですね。苦笑

では、前置きが校長先生の話のように長くなってしまいましたが、TABETEを紹介させていただく上で、とても大切なことだと思ったのでご容赦ください!

では、実際に使った口コミ感想を書いていきますね。

フードシェアリングサービスTABETEを使った体験・感想

TABETEでは、店舗に商品を受け取りに行くことを「レスキュー」といいます。事前にTABETEのサービスサイトからレスキューの予約。

(※TABETEの登録方法と使い方は別の記事で解説予定-準備中-)

商品の代金は事前のクレジットカード決済(デビットカードOK)なので、店舗では手ぶらで向かいます。

今回、TABETEのサービスを利用した店舗は大手町駅にあるシンガポール料理専門店「新東記 CLARKE QUAY(外部リンク)」 さんです。

初訪問でだったので、ワクワクしながら店舗に向かって行くと…弾けるほどにめっちゃオシャンティっ!!!


オープンテラスで仕事終わりのみなさんがビールをぐいぐい飲んでいます。

この日の気温は20度くらいで、ちょうどテラス飲みが気持ちいい温度!

これは最高ですよね。

思わず、普通に飲んで行こうかと思いました。笑

そんな誘惑に負けず、ぐいぐい進んで店舗の中へ。

爽やかな店員のお兄さんに、

「TABETEでチキンライスを予約をさせてもらった者なんですけど…」

と恐る恐る言うと、笑顔で応対してくれ、すぐさま準備を始めてくれました。

暇だったので、周りを見渡していると、やはり店内もオシャンティにぬかりはありません。

これはもう、いるだけで全員お洒落に見えるやつです。


目の前で他のお客さんが注文した料理が次々に、僕の横を通り過ぎていきます。

怒涛のように襲ってくるシンガポール料理のその芳醇な香りに、「今度必ず食べに来よう」と心に誓いました。

そんなどうでもいいことを考えながら立っていると、なんと目の前でチキンライスを作ってくれているではないですか。


TABETEに載っていた他の店舗のレスキュー募集には、

「賄いだけでは、食べきれず、廃棄せざるを得ない○○たちを救ってあげてください。」

と言うようなこと書いてある店舗が多かったので、てっきり、ランチなどで何かの売れきれなかったの弁当か何かが提供されると思ったのでビックリ。

その場で、1つ1つ丁寧に作ってくれていました。

店員さんに今回フードシェアリングサービスTABETEにレスキューを依頼した理由を伺うと、

「今日はTABETEさんのリリース初日だったので応援したいと思いまして」

とのことでした。

なるほど、そう言うこともあるのか、納得!

店員さんとの別れを惜しみながら、改めて店外で記念にパシャり。

ビニール袋だけ写っているだけなので、もはやなんの記念わからない残念な写真となりました。

家について、早速、「新東記 CLARKE QUAY」名物チキンライスをいただきます。

袋から出すと、なんとそこには「TABETE」のロゴがっ。


パッケージもTABETE仕様になっていて、かわいいです。

「EAT ME!」

と叫んでいるので、早く食べてあげねばいけません。撮影もそこそこに早速、開封。

クラークキーチキンライス(通常価格1,260円→TABETEレスキュー価格900円)

Ohー!Mecha美味そう!!

これは心踊ります。せっかくなので、もうちょいアップ。


これは丸の内のOLさんがヒィヒィ言うのも納得です。

・ブラックソース
・チリソース
・ジンジャーソース

をもれなくかけて、パクチーを華麗にどかして(パクチーは苦手です)、豪快に口の中に駆け込み、3分で平らげました。

抜群に美味しかったです。

なお、TABETEの正式オープンは「2018年4月29日(日・祝)」とのことなので、ご興味のある方はぜひ一度利用してみてあげてください。

お得に食べれて食品廃棄の削減につながり、店舗にも環境にも優しい取り組み。今はまだ東京23区のみと言うことですが、今後どのようにして広まっていくのか楽しみです。

以上、フードロス問題へ取り組むフードシェアリングサービス「TABETE」の口コミ感想でした。

なお、TABETEのように私も起業やフリーランスに興味があるという方はこちらで電子書籍をキャンペーンで無料配布していますので、ぜひ一読を!

最後までお読みいただきありがとうございました。

P.S

本日の1曲。

Birdy 「 Keeping Your Head Up」

魅惑のピュア・クリスタル・ヴォイスの持ち主バーディー。

パワフルで元気になれるカッコいい1曲です。

P.P.S

この記事を読んで、もし少しでも「面白いかも!役に立ったかも」と思っていただけたら、さりげなく「いいね」や「シェア」をしてもらえると嬉しいです。

Pocket

6ヶ月後に会社に雇われずに自由に生きるため現実的な手法”メモタイズ”

手元にある”メモ”をブログを通して仕事に変える具体的な手法について解説した、全207ページの電子書籍を期間限定で無料プレゼント。

今すぐ電子書籍を無料ダウンロード
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

剛力大介のTwitter

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.